ホーム » コンセプト » カスタム方法と実例

カスタム方法と実例

お詫びと伝達

最近ボアアップの問い合わせが非常に多いです。有難いことです。
中でも残念な事は、ボアアップをしたい申し入れが有りますが、私の店では小型自動二輪免許以上を対象としています。店に来られてボアアップをと依頼される前に免許証の確認をしています。また現在車校に通ってる方が対象です。
出来上がる前にお客様自身でナンバープレートを取りに行ってもらっています。ボアアップには時間と日数が掛かりますので、その待ってる間に取りに行って頂いていますので、宜しくお願い致します。

お詫びですが、白ナンバーでボアアップされたバイクの修理も行って居ませんので、大変申し訳ありませんが、免許を取得されてから来店ください、宜しくお願い致します。

中華部品あれこれ

私の愛車の紹介です。
中華フレームを使用して製作しました。
125ccのエンジンを乗せる為に使用しました。中華部品は安くて良いのですが、問題は多いです。中華エンジンをベースにしてるから乗せ位置が違うのだと思います。
1)スイングアームの取り付け位置が高い
2)エンジンマウントの取り付け位置が悪い
大きな問題点はこの2点です。
エンジンを載せる際に取り付けマウントに加工が必要です。エンジンの腰下部分が前下がりになり、止めておくと、オイルがシリンダーやヘッドに戻っていきます。
エンジンの上のマウント位置を上げて加工して取り付けしました。

エンジンはモダンワークスのケースを使用しました。ケースはいいですね。後は耐久性だけですね。純正4速を入れると問題は有りませんが、武川5速を入れると問題が有ります。
1速、ニッートラル、2速の入りが悪いです。この場合はケースを加工する必要が有ります。
エンジンスペック

クランクケース  モダンワークス 加工
ミッション    武川5速スパーストリート
クランク     デイトナ124cc用54mm
2次クラッチ   モダンワークス 加工
ポンプ      デイトナ
カムチェーン   デイトナ
テンショトナー  モダンワークス 加工
キック      純正
その他小物は   純正
シリンダ     モダンワークス54mm 加工
ピストン     モダンワークス超ハイコンプ54mm
ヘッド      クリッピングポイント 加工
カム       武川レギュラーヘッド用15D
オイルクラー   シフトアップ(ホース関連武川)
キャブ      ケイヒンPE28マニホ武川
マフラー     南海部品 エキパイ加工
ホーク      デイトナ31パイ
スタビ      特注製作
フロントブレーキ マスターフランド・キャリパーニッシン(加工)
ウインカーステ  Gクラ
ライトステ    モダンワークス
ハンドル     モンキー純正
メーター     ステ特注、武川DNメーター、スピード。タコ
ライト      武川
クラッチレバー  アクティヴ
スロットル    デイトナレトロ
集合スイッチ   デイトナ小
グリップ     エンデュランス、ヒートグリップ
ミラー      ナポレオン、棒特注
カゴ       ホンダ純正 加工
タンク      5L純正タンクエアーブラシ
シート      5Lシート加工
キャリア     純正
テール      ミニモトLED
タイヤ      デューロ 120x8
ホイール     中華ワンピース
フェンダー    5L純正スチール
スイングアーム  GMMOTO6cmスタビ付き

なぜ中華に拘ったかと言いますと、モンキーの中古部品エンジンでも社外でも、部品の高騰で中々手が出せない方も多いのではと思い作って見ました。
中々モンキーに詳しい人でないと手は出せないです。
外装はともかくエンジンに対しては素人さんが手を出さない方か賢明ですね。
よほど詳しい人でないと難しいと思います。
メーターやホークなどを純正を使えば安くは出来ますね。

このバイクは全て新品部品で製作しました。後は耐久性を見てからの判断です。
中華フレームを主体に製作しました。
エンジン124cc
中身は日本製
特注部品

ゴールを決める

ゴールを決めると言うと、サッカーのゴールの様に思われますが、
モンキーのゴールです。
自分が作りたいモンキーは何処なのか、どれなのかを決めて部品購入してください。

店に来られて色々相談に来られますが、ほとんどの方が自分のモンキーの最終ゴールが見えて居ませんね。

第一段階、第二段階、第三段階と言った様に順番にされて行かれる方も見えます。予算に応じて行う事が多いです。

私の店は殆ど現金で行います。趣味の物をカードのリボ払いとかボーナス併用分割とか言われる方も見えますが、断ります。

遊びに物に分割は無いと私は思っていますので、通勤、通学の方はべつですよ。

商売にとってマイナスですが、私は嫌ですので断ります。現金でお願いしますと言います。
古臭いとか固いとか言われますが、これが私の店です。モンキーが欲しいなら、貯めて現金で買ってください。嬉しさや、大切にする気持ちは強く成ると思います。変な店ですいません。

乗りたいバイクの色や形、部品は何処のメーカーを使用するかなど決めなければならない事は沢山有ります。分からなければ聞きに来てください。追い返すような事はしません。


迷ってるくらいなら来てください。地獄の話もしますよ。笑い

何年もかけて作るバイクを想像してください。働く励みにも、モチベーションも上がると思います。

お客さん持ち込み

組み付け仕上げの依頼です。
私の店は持ち込み自由ですし、組み付けだけでもします。
部品持ち込み大歓迎です。持ち込み料や工賃上乗せなど有りませんので気軽に依頼してください
良い部品や取り付け出来るか出来ないか分からない場合は相談してください。
折角買っても付かなければ勿体ないです。
お金はかかりますが、安い部品は粗悪で壊れやすいので、なるべくならメーカー品をお勧めします。
とりあえずと言って付けられる人が居ますが、結局交換します。最初に買った部品は無駄になります。必ずなりますので、辛抱してメーカー品をお買いください。 

カスタムてなんですか?

お客さんが来てバイクの値段を聞きます。確かにこのバイクの値段はどのくらいするかは分かります。
新車のモンキーの値段は 約30万です。ノーマル中古モンキーの値段は10万から30万くらいですね。
皆さんはこのくらいの値段は知ってるはずですが、カスタムモンキーの値段を聞くと分からないと答えます。
私の店では50万~250万くらの間と答えるとびっくりされます。何もご存知ない人でした驚かれると思います。
軽自動車で200万高級車1000万~2000万位ですね。同じ車です。モンキーだから驚かれるのでしょうか?
確かに高いですね。部品が高いのです。モンキーの部品を100万買ってみると分かりますよ。全てブランドの部品です。
エンジンで40万前後、フレームで20万前後、タイヤ2本で12万前後、ホーク回り15万前後、ブレーキ回り15万前後、電気系統4万前後、キャブ、冷却系10万前後 、タンク、シートテール、保安部品10万前後、これがカスタム車の普通です。部品代だけでもこれだけかかります。
カスタムモンキーは車で言えばフェラーリです。フェラーリに乗んです。高いのは当たり前です。
ですが、高いだけがカスタムでは有りません、値段ではなく自分の乗りたいモンキーに乗ればいいのです。自分の出来る範囲のバイクでいいのです。だからモンキーは素晴らしいのです。
お金は自己満足です。そんな事にとらわれず、

『自分なりのモンキーに乗って楽しむことが一番大切な様におもいます』


決してお金に乗らないでください。目的を間違えない様にお願いします。

街乗りを楽しむなら、88cc
ツーリングを楽しむなら、100cc~110cc
スピード、加速を楽しむなら124cc

ツーリングやスピード、加速を楽しむなら124ccのエンジンにですね。
しかし124ccでもピンキリです。レギュラーからDOHCまであります。
価格は2倍になります。

ここで思われるのがお金が先に頭に浮かぶと思います。
先に書いた様に自分の用途を考えて設計されて、逆算して金額を決めると自分の乗りたいバイクの形が見えると おもいます。

自分の乗りたいバイク カスタム車です。

純正スタイルはモンキーらしい。

ほぼスタイルは純正に仕上げました。
スイングアームは4センチロングでフェンダーの隙間はほぼぴったしです。
シートは純正タイプのシート、サスは純正と同じ長さで少し硬い程度です。
FRホイルは社外3.5J デューロ110です。
フエンダーFRとヘッドライトはメッキです。
エンジンは88ccミニモト製です。腰下は全て強化にして有ります。
オイルクラーキタコ。ブロバイも抜きました。
特に代わり映えしないバイクですが、乗り心地操作性はいいですね。
88cc有りますからそこそこ走ります。ミニモトのエンジンは悪くありませんね。
リーズナブルで中々いいですよ。スプロケは17T28Tです。これで充分走ります。
カリカリのカスタムもいいですが、普通に走るなら十分ですね。私は久々にモンキーの良さを知りました。やはり素晴らしいです。
ちょうど慣らしが終わったばかりです。見にきて、乗って見てください。いいですよ。
待ってます。 

武川ハイカム15D

写真は撮り忘れましたが、武川のハイカムRステージ用をシフトアップ110ccのヘッドに入れてみました。
武川のハイカムはデコンプ付きですので、キックが軽く成る事とと少し非力なシフトアップのエンジンが回ればと思い入れてみました。
やはりエンジンの回りが軽くなり、加速が良く成りましたね。
武川のカムは10D・15D・20Dと有ります。
ちなみに106ccですと10Dが着いています。
以前に10Dを入れた事はありました、その時は変わらなかった様な気がします。
今回は分かるくらい変わりました。問題なく走りますが、キャブを少し触った方がよさそうです。少しひかかる気がします。上は良く伸びますね。
今日入れたばかりで70キロほど走りましたが、問題はなさそうです。
ですが、メーカーが違いますので、この先何が有るかはわかりませんので、真似をしないでください。責任は負いかねます。
参考までに報告です。

フロントホークオーバーホール

今日はジャズのフロントホークのオーバーホールについてかきます。
ホークの一番下のキャップボルト を外すとオイルが出てきます。
だいぶ漏れて居ましたので、かなり減っていました。計ったら110ccしか入っていませんでした。本来ジャズのホークは185ccです。これではスプリングだけしか効いていませんね。
ホルダーもオリルででカピカピでした。パーツクリナーで溶かしてとりました。
ホルダーを綺麗に掃除して、シール類を全て外し中を掃除しました。
交換部品は、ガイドシール・ホルダー上のシール・ダストシール・パイプエンドシールです。
その他部品は規定値ありましたので、そのまま使用しました。
 パイプに少しサビが有りましたので、本来なら交換ですが、引かからない様にサビを落としシールを痛めない様にしました。
ホークオイルはワコーズ10番80%20番20の割合で185ccいれました。スプリングのヘタリが少しは有る様におもいますので、20%固くしたのです。
組んで走りましたが、固いと言う感じでは有りませんでした。ちょうどいい感じでした。
修理する前はスコスコでガタガタした感じでしたが、バイクが絞まりカチッとしました。

修理してから30分くらい走って来ましたがいいですね。また前後スプロケ・チェーンも同時交換もしました。
不具合が有ってはダメですので、走ってチェックしてきました。問題なしですね。

ホークのシールからオイルが出てる様でしたら、オーバーホールをしてください。
知らずに走ってブレーキの中でも入ったらとっさの時に止まりませんよ。

掃除をする際に、いろんなボルトナットが緩んで居ないか、チェーンは伸びて居ないか、タイヤ空気圧は良いかなど調べる様にしてください。

私は走る前は必ず全てチェックします。何か途中で問題が出ると、一緒に走る方の迷惑になりますし、走る気がなくなります。快調に走れて初めて気持ちいいのです。
皆さんも是非実行してください。

バラバラにしました。
かなり来てますね。
部品と掃除したホルダーです
組みあがったとこです。

スプロケ調整とキャブ調整

タイヤ交換とキャブレター調整のモンキーの修理です。
タイヤ交換は昨日説明しました。
今日はキャブレター調整とスプロケ調整を説明します。
走って見ると、出足でカブってブッブッて言いながらもたつきながら加速していきます。エンジンが吹き上がればOKなんです。
この症状はガソリンが濃い事から置きます。
72ccノーマルヘッドです。キャブはPC20です。
ジェットはM85P35でした。上の吹き上がりがOKでしたので、M85はほぼOKて事に成ります。
回転で行けば4000~6000の間て事になります。
P32に落としニドルはそのままで走りました。まあまあでしたが、4000~5000くらいで重たいので、ニードルを一段下げました。上から4段目です。ガソリンの量を減らした事に成りますね。Pを下げてガソリン量を増やす、可笑しいですね。エンジンをかけて走りだしてから、スロー・加速下・加速中・加速上・トップこの5か所分けて考えます。
これで走ったら完ぺきでした。
しかし72ccでスプロケはノーマルのままです。
50キロでエンジンが吹きあがってしまいました。せっかく72cc有れば4足で60キロで6000~7000回転で走るはずです。
スプロケ交換をしました。
計算はRスプロケ÷Fスプロケ=1.8~2くらいに成ればOKです。エンジンの力やトルクで異なってきます。
今回だいたいこんなもんかなて言う所で、15x30にしました。
割ればちょうど2ですねOKですね。加速と順行で回転数もOKでした。
もう少し行ってもと思いましたが、坂道の時に上らなくなる恐れが有りますので、これでOKにしました。
4足で40キロからの加速も悪くないし回転数もいいOKですね。

私のバイクは極端でスーパーヘッド+124ccですが、17x28=1.647です。
私は50キロ~80キロくらいでエンジンの回転を落として走りたい方ですので、最高速は求めて居ません。Rスプロケを落とせばもっと加速も良くなるし、最高速も上がると思います。
私は5速で6000回転で80キロ狙いで調整します。だいたいこれでOKですね。
ツーリング仕様ですので、スペクラ・アウターローターなどは要れて居ません。これで十分です。リッター60キロ以上のびますよ。笑い

5速で50キロで走れる程度に合わせます。ここから加速すればOKです。これは考え方などで、最高速や加速を求める方は真似をしないでください。

それとミッションですが、私の店のお客さんも居ましたが勘違いしてる方がいます。武川で言えば、スパーストリートとスパーツーリングの違いです。加速と最高速を楽しむなら、スパーストリートです。レンジが短いから加速がいいのです。加速が良ければ引っ張って行けば最高速も着いてきます。

スパーツーリングですとレンジが長い分加速が遅くなります。納得がいかなければ、乗り比べてください。

キタコで行けばタイプ3がスパーツーリングタイプ4がスパーストリートになります。
お間違え無い様にしてください。

またデコンプ機能がないヘッドを使用されてる人は武川のタフ5速をお勧めします。
キックのケッチンでギアーが割れますのでご注意ください。何処のメーカーの説明書にも書いて有ります。

私の店でも3件ありました。キックは踏み込んだら話さない様にしてください。エンジンがかかってもジーッと言って空回りしてるだけですので、踏み込んだら決して足をキックから離さない様にしてください。靴底で受け止めれば痛くありませんので安心してください。

今回スプロケ調整は依頼されて居ませんでしたが、やっておきました。折角のエンジンが生きてきません。

それにエンジンに負担がかかり消耗も激しくなり、エンジンを痛める原因にもなります。おそらくこのエンジンはボアアップのみのエンジンですので、無理は厳禁だとおもいます。
通常走行で無理なく走る様にすることが、最大のコスト削減に成ると思います。

 

A型モンキーフロントサススプリング交換

A型モンキーは別名リジットモンキーともいいます。
サスが無い事ですね。
乗り心地は良くはないです。私のA型モンキーのフロントサスはOHしましたが、ノーマルスプリングを入れてあります。
走ってると突き上げる感じがしてて一度もう少し固いスプリングに変えようと思っていました。
今日夜走る予定でしたので、スプリングは在庫でもって居ましたので、1時間も有れば交換できますので、仕事の合間に交換しました。 
このスプリングはGM MOTOが出していますモンキー用で30%強化の1センチ短いものです。店売りバイク屋、カスタムをする際に30%100%150%など色々使い分けます。
またこのスプリングを切って短くする事も有ります。
お盆前にワインのA型を製作した際にこれと同じ物をいれました。このA型はわたしのA型より運転しやすいし、クッションもいい感じでしたので、今回私のA型にも入れる事にしました。

古いスプリングを外すときは、バネの最後をタガネとハンマーで叩いて回して外します。少し回れば後は手で回ります。
バネの上した両方回して外し中にガイドの金具が上下に有ります。下はバネだけを外しそれ以外は外さない様にしてください。
インナーをOHする予定でしたら、全て外しガイドのプラスチックとセンターに有る黒いスライドピストンを交換してくださいね。ガタツキが無く成ります。
バネを入れる注意点は、上の金具にステム上に内側にインナーがはまり込む様に成っています。また下のアクスルシャフトが刺さる位置と上の位置を合せてスプリングを閉めてください。
最初に外した形を写真に取って置いてもいいですね。 

インナーを着いていた状態で差し込み上についたら少し回してみます。少ししか回らなかったら、きちんとはまっていますのでボルトで固定して下がらない様にしてください。左右同じ要領で行ってください。

今回A型ですので、下のホーク止めを回してねじ込むだけです。A型と4Lはねじ込みタイプで5Lはスナップリングで止めてください。

インナーをOHすることは簡単ですので、その際の注意点。
1)ホークパイプが減って細く成って居る物は交換してしてください。
2)ガイドパイプとスライドピストンは必ず交換してください。
3)上の金具とインナーパイプの位置をきちんと合わせる。
4)ステムに上の金具がきちんとはまってるか
5)グリスをたっぷり塗ります。固いぐりすです。
この5点は必ず注意して守ってください。

また面倒でしたら、デイトナからインナーセットダンパー付きが出ています。金額は2本で3万ほでです。これも有りだと思います。

また今回の費用は片側全て交換する工賃など合わせるとデイトナキットより少し安いくらいです。自分で施工される方は、ずいぶん安くなると思います。
一度チャレンジしてみてはいかがですか。 
バネを差し込んで位置合わせをしたものです。
出来上がりです。

モンキータイヤ交換

今日は簡単な作業のタイヤ交換での出来事です。
モンキーのホイルは2枚合わせのホイルですので雨に良く濡れてるモンキーのホイールはほとんど錆びて居ます。
今回外したホイールは酷くて錆でホイールがボロボロの状態でした。通常作業ですと下二枚の様にサビを落として錆止めとペイントをしてタイヤをはめて行きます。
今回このホイールは使えませんので、交換用に中古のホイールを通常作業しました。今回のバイクのホイールが黒でしたので、黒でペイントしました。
モンキーのホイールはこの状態がほとんどです。ですので初めての店に行くと断られるのです。手間がかかる上にお金が取れないからですね。
ですがそんな店ばかりでは有りませんので、気軽にやってくれる店も有りますので、そういったお店に行くようにしてください。またきちんと錆を落としてペイントするようなお店を選んで言ってください。

このホイールの錆を落とさないとパンクの原因やバランスが悪く成りますので、個人でタイヤ交換される人は、サンダーで錆を落とし、錆止めとペイントをしてください。
またタイヤにバルブ位置の印が有りますので 合わせてください。
 
錆が酷いです。
バルブを通す穴が腐っています。
錆止めを塗った状態
ペイントをした状態

ハブのサビ

お客さんがブレーキも利かないから修理との事で、タイヤホイール・ハブと全てばらしました。
ブレーキドラムの中に水が入ってサビたのと、長期保存されたバイクで有る事が分かりました。
ハブのドラムの中はサビでびっしりでしたので、ブラストを掛けてからペーパーで仕上げをしました。ペーパーだけでもいいのですが、余り酷い所ばかりこするとドラム内が変形して、ブレーキの利きが悪く成りますので、店ではブラストを掛けてからペーパーで仕上げます。
もしブレーキの利きが悪ければドラム無いが錆びてる可能性が有りますので、確認して修理お願いします。 
ドラムがびっしり錆びています。
錆びた汁が流れています。
ブラストを掛けてペーパーで仕上げました。

4LモンキーRフェンダー

4Lモンキーの難しい所は、Rフェンダー回りとキャブレターの取り付け位置です。
今回交換した部品です
Rスプリング(OKDのメッキ260mm柔らかくて女性向き)
スイングアーム(GMモトスタビ付6センチロング)
タンデムバー(キジマモンキー用)
この三点を同時交換して、ついでにリアーフェンダーの取り付け位置を変えてみました。

リアーフェンダーとテール台が接合されていますので、フェンダー の角度を変えれば当然テール台の角度も変わってしまいます。
シャコタンにするとテール台をかなり上げてもテールに勢いが着いていいのですが、またスイングアームの長さもによってフエンダーの取り付けはかなり変わります。
タイヤとの隙間を 一定にするか、若干後ろを上げ気味にするかです。
今回は6cmですので余り大きく動くことは有りません。
フエンダーをステで3センチ下げて前の当たる所を5~6センチほど切りました。当然下げればスイングアームと当たりますので切ります。
フレームと取り付け穴は無くなってしまいます。そこでまた同じ様に穴を開けて延長ステで止めるか、フレームハンド部分と止めるかのどちらかです。延長ステは手作りで作るか業者に作ってもらうかです。
今回はフレームハンド部分から長ナットで止めました。止めないとフェンダーとテールが振動で下がって来ますので必ず止めてください。
またフェンダーステとフレームの間に隙間が有ります、その隙間は10ミリのカラーを入れシッカり止めてください。
このバイクは女性用ですので、大人しい感じにの位置に取り付けました。
またシートとテールの隙間を埋めるようにタンデムを入れました。
中々バランスが取れた感じにできました。またタンデムの下にまだ隙間が空きますので、工具箱やキャッチタンクを入れてもいいと思います。
何かの参考にしてください。 

※写真をクリックすると大きくなります。 
分かりにくいですがフェンダーを3cmさげまいた。
いい感じになりましたね。いかがでしょうか。
フエンダーを直す前です。フエンダーが大きいのともともとアールが有って居ませんのでバランスが悪く見えます。
全体の写真です。良くなりました。

カスタム車の難しさ

カスタム車は用途に寄って仕様を考えないと成りません。
カスタム車の故障の原因は知識不足に寄る製作に有ると思います。
部品一つ一つには意味が有ります。取り付ける時に只付けてるだけの
方もいます。またボルトは規定トルクが有ります。それ以上でもそれ以下でもダメですね。
色んな例を写真を添付して紹介していきます。
今までいろんなバイクを修理してきましたが、やってはいけない事を当たり前の様にやってる事が多いです。
走るものですから必ず危険が伴います。命を預けて乗る機械です。
機械で有る事を忘れて居るかの様に思っている方もいます。

これでシートが薄めのヒップアップですとカッコ良くなりますが、ツーリング仕様ですので、お尻の痛くないシートを使用してます。


例をだして紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

各社外メーカー(武川・キタコ・デイトナ・シフトアップ・キジマ・ワコーズ・ブレンボー・アールズ・Gクラフト・アクティヴ・ヨシムラ・タナックス・ネクト・大和・BPなど)ほとんど注文できます。また各日本メカーの純正部品も取り扱っています。部品注文だけでもOKです。
バイク買取・部品買取・中古・新部品販売・カスタム・レストア車輌販売も行っています。
定休日 毎週月曜日・第二日曜日 営業時間 AM9:00~PM7:00
連絡先 0569-89-8869 FAX 0569-89-8869
 
このページトップへ